カラオケ採点での抑揚の付け方のコツ!効果絶大で点数爆上げ!

カラオケ上達法

カラオケに行ったら採点をやる!という人も多いのではないでしょうか。
どうせやるなら高得点を取りたい!という事で高得点を取るコツをテーマごとに分けて紹介していきます。

今回は音程正確率を上げるコツを紹介します。

カラオケ採点において、抑揚は非常に重要な項目です。採点の点数を上げたい場合は、音程正確率と共にコツを掴みましょう!一気に点数を上げることが出来るでしょう。

抑揚は点数に大きく影響する

歌の上手さというと、音程やリズムの正確さや、しゃくり、こぶし、ビブラートなどのテクニックが思い浮かぶかもしれません。もちろんそれらも非常に重要です。

しかしカラオケ採点に限って言うと、音程と並んで重要なのが抑揚です。精密採点DXの様に詳細な採点機能の結果を見るとよく分かります。

抑揚がある方が歌に深みが出て上手に聴こえるので、意識している人もいると思います。自分も意識的に、優しく歌うところと強く歌うところを作っていたのですが、採点の抑揚の点数が6割程度しか出ないことも少なくありませんでした。

今回はある方法を用いることで簡単に抑揚の点数を上げることが出来たので、その方法を紹介していきます。

マイクの距離調整で抑揚点数を一気に上げる

抑揚は声量を調整して、強弱を付ける事で表現力を上げる方法です。しかし今回は歌い方はそのままで、マイクの距離を近づけたり遠ざけたりすることで抑揚を付ける方法のご紹介です。

歌の技術というより、カラオケの技術と言った方がいいでしょう。そして対機械に対しては良いですが、人が聴いたときに上手く聴こえるかは別の話ですのでご注意下さい。あくまでカラオケ採点に特化した対策です!

やり方は非常に簡単です。

1~2フレーズ普段よりマイクを遠ざけて歌う⇒1フレーズ普段よりマイクを近づけて歌う⇒遠ざけて歌う⇒近づけて歌うの繰り返しです。

基本的には『2フレーズ遠く、1フレーズ近く』がバランスが良くなりますが、曲の場面によって臨機応変に変えるのはOKです。

注意したいのはマイクを離し過ぎて音を拾ってもらえないことです。音程正確率にも影響してきますので、注意してください。何度か自分で試してみて、最適な距離を見つけておくことをおすすめします。

たったこれだけで抑揚の評価が上がります。そして抑揚は点数に大きく影響してきますので、採点結果も驚きの結果をたたき出すかもしれません。

POINT

  • マイクの位置を調整して抑揚を表現する!
  • 基本的には『2フレーズ遠く、1フレーズ近く』
  • マイクを離し過ぎると音を拾わないので注意しましょう!

実際にやってみた結果

今日はJOYSOUNDのお部屋だったので、JOYSOUNDの採点結果です。しかもバージョンが古いですが、今日の結果です汗

抑揚の点数が上がるように、少し大げさにマイクの位置を動かした結果、抑揚の点数が満点になりました。

他の曲でも14点台は安定して出せていたので、効果はあったかと思います。抑揚はDAMに比べてJOYの方が甘い感じがしますね。DAMでも試したいので次こそはDAM部屋を!

やってみた感想としては、やはりマイクを遠ざけると、自分の声が遠くなるので音程が合っているのかが少し分かりずらかったです。しかし歌い方自体は普段と同じなので、それほど違和感なく歌いきる事が出来ます。歌い方を変える必要が無いのは非常に良いですね! 即効性もありますので、是非試してみて下さい。

まとめ

採点において影響の大きい、抑揚の点数を即効で上げる方法をご紹介しました。

歌い方を変えるには練習が必要ですが、今回の方法はマイクの位置を調整するだけなので、本当に簡単に出来ます!

思った以上に効果があると思いますので、ぜひチャレンジしてみて下さい!

採点において重要な、音程正確率UPに関する記事はこちらを参考にして下さい。

コメント

  1. […] リズムが一定で音域も広くないということは、抑揚を付けるのが難しいので、こちらで紹介しているテクニックを使ってみて下さい。 […]

  2. […] また力が入ることで常に声量が出てしまい抑揚が付けづらくなります。抑揚に関する詳細はこちらで説明します。 […]

  3. […] リズムが一定で音域も広くないということは、抑揚を付けるのが難しいので、こちらで紹介しているテクニックを使ってみて下さい。 […]