カラオケで声量が無いとお悩みの方必見!簡単に声量を上げる方法!

カラオケ上達法

カラオケで歌を歌っていて、自分には声量が無くて上手く歌えない・・・とお悩みの方に試してもらいたい方法を紹介します。

声量を上げるというと、ボイストレーニングの様な本格的な訓練が必要だと思われるかもしれませんが、今回紹介する方法は意識を変えるだけで誰でも簡単に出来る方法です。

やり方は簡単であとは継続して慣れていくだけです!

是非試して、変化を実感してみて下さい!

声量が一気にUP!コツはお尻の穴を締めるだけ!

いきなり結論を書きましたが、コツはお尻の穴を締めるだけ!です。

ちなみに広瀬香美さんは書籍で以下の様に表現しています。

体を『入れ物』と考えた時、『喉が底』の入れ物の場合と、『お尻の穴が底』の入れ物の場合と、たくさん空気が入るのは、どちらでしょうか。そうですよね、もちろん、お尻の方ですよね。
(今日から歌がうまくなる!広瀬香美の歌い方教室より引用)

何となくイメージ出来ますよね。

空気を多く体に入れた状態で息を吐き出すことで、声の大きさ・声量が大きくなるということです。

歌唱時に声量が無いという方の殆どは、吐き出す空気が足りていないと考えられます。

吐き出す空気が足りないという事は、体に入っている空気が足りていない。つまり空気を深く吸えていないという事です。

息を吐ききって、苦しい時って声は出ませんよね? つまり声を出すにには空気が必要なんです。

そして空気量が多い程、強く吐けるので声量が増します!

広瀬さんは更に『お尻の穴は歌声の出発点』という表現をされています。

体中空気を溜めて、その空気を底から上へ流して、吐き出す。空気量が格段にUPするので声量もUPするはずです!

声量UPだけでなく、喉への負担も軽減

このお尻の穴を締めるという方法は喉への負担も同時に軽減出来ます。

まさに一石二鳥です。画像の男の子も歓喜です。

なぜ喉への負担が減るかというと、自然とお腹から声を出すことが出来るからです。広瀬さん流だと『お尻の穴から声を出す』ですね!

ものは試しで一度、お尻の穴を締めてみて下さい!

どうでしょうか?お腹に自然と力が入りませんか?

そう、お尻を締めることで自然と腹筋を使う事が出来ます。これがお腹から声を出せる理由です。

腹筋を使って息を吐けているという事は、腹式呼吸も出来ているので歌唱において理想的な状態ですね。

お尻にばっかり力が入ってしまうという方は、お尻と一緒に内蔵を上へ持ち上げるイメージを持ってみて下さい。

お腹全体を上へも持ち上げる感覚です。

イメージは湧きましたか??

ということでお尻の穴を締めて歌ってみましょう!

お尻の穴を締めて歌ってみた

早速カラオケでお尻の穴を締めて歌ってみようと思います。

効果を確認する為に、数曲普段通りに歌ってみます。少し呼吸が浅いなあという感覚があり、低音や高音が出にくい状態でした。

そこでお尻の穴を締めるを実践してみました。

最初はお尻の穴を締めることを意識して、全身が力んでしまいました。力んでしまうとやはり声は出ません。

お尻の穴を締めつつ、体の力を抜いたリラックス状態にするまで2,3曲ほど掛かってしまいましたが、少しずつ感覚を掴むことが出来ました。

するとリラックスした状態で歌っているのに、声量がしっかりと確保出来ました!

そうすると余裕が生まれて、細かい音程もコントロールしやすくなります。

3時間歌いましたが、喉が疲れて声が出ないということも無く、最後まで楽しく歌いきる事が出来ました!

喉を使って歌っていない証拠です!(普段はムリすると枯れてしまうので、それだけでも進歩です!)

いや、お尻の穴を意識するだけでこんなにも違うのかと驚きました。

慣れるまでは違和感があるかもしれませんが、少しずつ慣れていくと思いますので是非挑戦してみて下さい!

まとめ

声量を手っ取り早く上げる方法として今回『お尻の穴を締める』を紹介しました。
これを実践する事で以下の効果が期待出来ます。

・体内の空気量が増え、声量がUPする!
・声量が確保出来ると、細かい音程のコントロールにも対応しやすくなる!
・お腹に力が入り、お腹から声を出せるので、喉の負担が減る!

簡単かつ効果的な方法なので、みなさんも是非練習してみて下さい!

コメント

  1. […] 声量が無い人が声量を上げる方法!を是非参考にしてみて下さい。 […]