ビブラートのかけ方のコツはお坊さんを真似するだけ!?

カラオケ上達法

ビブラートを掛けたいけど何をしていいか分からない!という方へ贈る、ビブラートの練習方法を紹介します。

歌手や歌が上手い人を見て、自分もビブラートを華麗に駆使して歌えたら気持ちいいだろうなあと思ったあなた!この記事を読んでビブラートを響かせる人生の第一歩を踏み出しましょう!

ビブラートとは?

ビブラートを掛ける為には、まずビブラートを理解する必要があります。

ビブラート(伊: vibrato)とは、演奏・歌唱において音を伸ばすとき、その音の見かけの音高を保ちながら、その音の特に高さを揺らすことである。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ビブラートは音を揺らす歌唱法というのはみなさん何となく知っていますよね。

ビブラートって難しそうと思うかもしれませんが、掛けるだけなら難しくはありません。

そもそも声は空気の振動によって発生している為、
正しい発声をしていればビブラートは自然と出てくるものなのです。

意識せずに歌うと、その振動が小さいから気付かないだけなんですね。

プロや歌の上手な人は、より音の広がりや深みを出す為に、敢えて振動させるというテクニックを駆使しているのです。そして歌が上手い人は、適した箇所で適したビブラートを掛ける事が出来るので上手く聴こえるのです。

実はビブラートにも種類があります。どれが良いという事では無く、その曲に合ったビブラートを掛ける事が出来ると歌に深みが出てきます。

ビブラートにはどのような種類があるのかをご紹介していきます。

ビブラートの種類

音程を変化させるビブラート

音量は一定で音の高さを高低させるビブラートです。

主に高音域のロングトーンで使うと効果的とされています。

伸ばしている際に音程が下がってしまう傾向があるので、振幅の中心を上に持ってくる意識を持つと良いでしょう。

音量を変化させるビブラート

今度は逆に、音の高さは一定で音量を変動させるビブラートです。

こちらは低音域のロングトーンで使うと効果的です。

これをマスターすると歌全体の表現力が一気に増します。語尾にかけて音量を小さくしていくのがポイントです。

ビブラートタイプ

DAMの精密採点のビブラートの項目で表示されているのでご存知の方も多いと思います。

振動の周期や、音程の変化、音量の変化によってA~Hのタイプがあります。

興味がある方は、DAMとものページに各タイプについての紹介がありましたので、こちらをご確認下さい。

どの種類のビブラートを目指すべきか?

ビブラートの種類を紹介してきましたが、どの種類が良いというものはありません。

その曲や歌う人の声質、その場の雰囲気によってもベストな選択は変わるかもしれません。

先ほど触れた『上手い人は適した箇所で適したビブラートを掛ける事が出来る』とはこの事です。

とはいってもどうすればいいんだ!となりますので一般論をお話します。

一般的に周期の短いビブラートは『ちりめんビブラート』と呼ばれ、安定性が無いと感じる場合があります。

邦楽ポップスであれば、B2くらいのビブラートが良いとされています。 演歌の場合は更に周期が長いB-3やC-3でも良いでしょう。

最後にもう一度注意ですが、細かいビブラートが悪い訳ではありません。

プロでも宇多田ヒカルさんやガクトさんは周期の文字短いビブラートを武器にしています。

ビブラートの掛け方のコツとは?

題名に書いた通り、お坊さんのお経はビブラートのお手本になります!

お坊さんのお経を聴くたびに、良い声だなあと思います。声の振動が伝わってきますよね。

私は横隔膜の揺れを意識する、と言われてもなかなかピンと来なかったのですが、お坊さんの発声を真似することでビブラートが上手くなった気がします。

それでは具体的な練習方法を紹介していきます。

ビブラートを手っ取り早くマスターしたい方へ

まずは手っ取り早くビブラートを掛けたい方におすすめの方法です。本格的に歌唱力をアップしたい方は後で出てくる横隔膜を使ったビブラートをマスターしましょう。

マイクを利用したビブラート

俺は練習したくねえ!だけどビブラートも掛けてえ!という人はこれで行きましょう!

外道ですし、歌が上手くなる訳ではありませんが、カラオケで楽しく歌う分にはいいと思います!

ロングトーンの部分でマイクを揺らし、音の拾い方をコントロールすることで疑似ビブラートになります。

口の開け閉めを利用したビブラート

顎を使ってという表現をされることもありますが、
私のイメージは空気の出口である口で声量をコントロールする方法です。

普通に歌っている状態と口を少し閉じる状態を交互に繰り返しましょう。始めはゆっくりで構いません。何も考えず声に出してみると『あうあうあうあう』となると思います。

慣れてきたら段々と速くしていきます。ある程度速く出来るようになればビブラートの完成です。

これを歌に乗せて使える様に練習していきましょう。

喉を利用したビブラート

喉の振動を変化させることでビブラートを発声させる方法です。

私のイメージは、音を連続で滑らかに出すという感覚です。

初めはあ・ぁ・あ・ぁ・あ・ぁという風に半音ずらしで音を交互に出していきましょう。こちらも慣れてきたら段々と速くしていきます。ある程度速くなれば、音と音の間が無くなり、繋がってくると思います。最後に繋がり部分を滑らかにしていきます。

細かいビブラートをかけやすい方法ですが、ちりめんビブラートと呼ばれ不安定に聴こえる場合があります。歌手によってはこれを上手く利用しているので一概に悪い訳ではありません。適材適所で曲を彩れるかどうかが大切なのです。

ビブラートをしっかりとマスターしたい方へ

ビブラートをより綺麗に響かせるには横隔膜を使って掛けるビブラートが一番良いとされています。意図的では無い、自然なビブラートになりやすい為です。しかし習得するのは一番難しいかと思います。ただ一度感覚を掴む事が出来れば、大きな武器となりますので是非習得しましょう!

それでは練習方法を紹介していきます。

横隔膜を利用したビブラート

横隔膜を利用したビブラートは横隔膜が揺れる感覚を覚える事が重要です。むしろそれが出来ればほぼ終わりです。横隔膜の振動を感じる練習法として『ドギーブレス』が有名です。

ドギーブレスとは?

犬が走り回った後の息遣いをイメージしてみてください。舌を出してはぁはぁはぁはぁいっている状態ですね。これがドギーブレスです。この時横隔膜が振動しているのです。

人間が走り終わった後も同じ様な状態なので、実際に息切れするまで走ってみてもいいかもしれません。またしゃっくりも横隔膜の痙攣なので、横隔膜が振動しています。しゃっくりが止まらない時は歌の練習だと思って、横隔膜の振動を感じて下さい。笑

横隔膜の振動を感じる事が出来たら、横隔膜の揺れを継続させながら声を出してみます。初めは難しいかもしれませんが、練習を重ねましょう。

横隔膜を揺らしながら自然に発声出来るようになれば、ビブラートの完成です。

更に喉のビブラートで紹介した半音ずらしでの練習を応用することで、ビブラートの種類も増やす事が出来ます。

まとめ

今回はビブラートの基本と、ビブラートの練習方法について紹介してきました。

ビブラートが上手くなると、歌全体の完成度がグッと高まります!

目的に合わせて自分に合った練習方法を見つけて下さい。

そしてどうにもならない場合は、お坊さんの真似をしてみましょう!笑

コメント

  1. […] とにかく練習方法を知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。 […]