カラオケ苦手で行きたくない方必見!断り方や楽になる考え方

カラオケの楽しみ方

本ブログはカラオケについて書いているブログですが、今回はカラオケが苦手な方にお届けしたい内容です。

職場や友達付き合いでどうしてもカラオケに行かなくてはならない場合ありますよね。歌うの苦手だしな・・・、歌うの恥ずかしいな・・・といった理由でカラオケはあまり行きたくないという方へ少しでも気持ちが楽になればと思い本記事を書きました。

カラオケが苦手で行きたくないよという方はカラオケに対する考え方を変えることをおすすめします。本記事はその考え方についての提案をしていこうと思います。どのような考え方が正しいというものはありませんので、一つの選択肢として捉えて下さいね。

カラオケは上手く歌うことが目的では無い

カラオケの目的は人それぞれだと思います。みんなでワイワイ楽しみたい、ストレス発散したい、採点で高得点を取りたいなどなど・・・どれもその人にとっての正解だと思います。しかし付き合いでカラオケに行く場合には、上手く歌うというのが目的では無く、みんなで盛り上がって楽しもうということが多いはずです。

歌うのが苦手で上手く歌えないという方はそこにスポットを当てるのではなく、
楽しむということにスポットを当ててみてはどうでしょうか。

楽しそうに歌っていたら、聴いている側も楽しい気分になってきます。
明るく楽しく元気よく歌えば周りは乗ってくれますよ!

歌が苦手な方にお勧めできる曲が以下ページにありますので参考にして下さい。

聴き専門もあり!

いや、歌唱力がどうこうじゃなくて、歌うのが恥ずかしいんだよ。っていう方もいると思います。それも全然OKです。楽しみ方は人それぞれでいいんです!

歌わないといけないという固定概念は捨てましょう!

お酒飲まないけど居酒屋の雰囲気が好きで行く人、踊らないけどクラブの雰囲気が好きで行く人もいるだろうし。カラオケで人が歌っているのを聴くのが好きってのもいいと思います。恥ずかしくて歌えないと言い辛い場合は、『聴くのが好きなんです』というポジティブな返事をしてみてはどうでしょうか? 別に聴くのが本当に好きじゃなくてもOKです。

歌わない?と聞いた側も、歌いたくない!というネガティブな返事が返って来るよりも気持ちがいいと思います。

歌いたくない時の断り方

『人が歌っているのを聴くのが好きなんです』といったポジティブな返事を!

断る勇気も大切

聴いてるのもつまらないという方もいるかもしれません。人それぞれ好き嫌いがあるので仕方が無い事です。そういう方は是非断る勇気を持ってください。

これはカラオケが嫌いな方だけの為では無く、誘った側の為にもなります。カラオケで盛り上げようと思っても、一人テンションが下がっていると全体が盛り上がりにくくなってしまいます。人間なので仕方ないことなのです。つまり行きたくない側も、盛り上げたい側も両方損をしてしまうという事です。

断ると付き合いが悪いと思われる・・・という場合は『ボーリングとかダーツなら行くよ!』という様に、ポジティブな回答が出来るといいと思います!

逆にカラオケが好きな方の視点で言うと、『カラオケが苦手な方がいる』ということを認識してあげることが重要だと私は思います。

カラオケに行きたくない時の断り方

『カラオケ苦手だからボーリングとかダーツなら行くよ!』といったポジティブな返事を!

まとめ

私が今回の記事で言いたかった事は
カラオケでみんなが気持ちよく楽しめる様にしたい!という事です。

カラオケは気軽に利用出来て、みんなが一体となって楽しめる素晴らしいコミュニケーションツールでもあります。本記事はカラオケが苦手な方がカラオケを楽しむ考え方を提案しましたが、どうしても苦手な方もいるという事を忘れてはいけません。

巷で流行っているハラスメントも気を付けながら、カラオケを楽しんでいきましょう!

コメント