カラオケで音程やリズムが取れない時はこの3ステップを試そう!

カラオケ上達法

カラオケが好きでよく行くんだけど、上手く歌えない・採点で良い点数が出ないとお悩みの方は多いと思います。

私自身もストレス発散が目的なのに上手く歌えずモヤモヤしてしまう事があります。

上手く歌えないという悩みで一番多いのは
『音程』と『リズム』が合わないことでは無いでしょうか。

今回は音程やリズムが取れない原因と、改善方法について詳しく説明します。

音程・リズムが取れない原因

アーティストの音源を聞きながら一緒に歌うと、音程やリズムが取れるのに、カラオケで歌ってみると『思うように歌えない!』という事がありませんか?

私も『この曲を覚えたから今日は歌ってみよう!』と意気込んでいたのに、全然歌えなかった・・・という事が多々あります。

その原因はズバリ、音程やリズムが記憶出来ていないことに尽きると思います。

音程やリズムがカラオケに行くと分からなくなるという人は、まずは音程とリズムをしっかりと記憶する必要があります。

それでは音程やリズムを覚えるおすすめの方法をいくつか挙げていきます。

音程・リズムを覚える方法

とにかく何度も曲を聴く

とにかく何度も聴くことが一番の近道だと思います。

目標はその曲を聴かなくても頭の中で再生出来る様になると良いですね!そうすれば頭の中で歌うイメージも出来ますし、成長スピードが上がります。

何度聞いても音程やリズムが分からない、覚えられないという難しい曲に出会う事もあるでしょう。その場合はその部分だけをリピートで何度も聴いて集中的に覚えるといいですよ!

歌詞を見ながら聴く

歌詞を見ながら聴くことでリズムが掴みやすくなります

音程を覚えていても歌詞とリズムがリンクしていないと、カラオケでいざ歌おうとした時に歌えなかったりします。

YouTubeなどで歌詞が一緒に流れている動画を見ると良い練習になると思います。

カラオケの画面を見ながら、ガイドボーカルを聴きまくるのも一つの手ですね!

口ずさんでみる

聴いているだけで分かった気になってはいけません。

家や車など声が出せる環境の場合は一緒に歌ってみましょう

実際に歌ってみると、分からない部分や覚えていない部分が見えてきます。その部分を集中的に聴いて、覚えていないところを潰していきます

歌詞を見ながら口ぐさむことで、歌詞のどこで区切るのか等も分かるので是非カラオケに行く前に試してみて下さい。

カラオケで実践しながらという練習もありますが、数がこなせないので慣れてきてから実践する事をおすすめします。

実際にカラオケで歌ってみる

ガイドバー表示で練習効率UP!

実際にカラオケで歌う場合(ヒトカラや慣れたメンバーの場合)はガイドバーを表示させることをおすすめします。

DAMならば精密採点、JOYならば分析採点マスターを使うといいでしょう。

この機能を使えば、音程やリズムがあっているかどうか判断しやすくなります

採点の結果はそれほど気にする必要はありませんが、音程正確率やリズムは確認するといいでしょう。

意外と大切な音量設定!

音量設定を誤ると音が聞こえにくくなるので気を付けて下さい。

大切なのは伴奏とマイク音が両方聴こえるバランスで設定する事です。
特にマイク音を大きくしすぎると、伴奏が聴こえず音程もリズムも合わせ辛くなります。

かならず伴奏もマイクも両方適度に聴こえる様に設定しましょう。

1曲を集中的に練習する

ヒトカラの場合限定かもしれませんが、1曲を集中的に練習することをおすすめします。

色々な曲を歌いたくなるところですが、1曲ずつマスターしていった方が記憶に残りやすく習得が速いです

ここまで来ればあとは練習あるのみ!是非自分の持ち歌をどんどん増やしていってください!

まとめ

今回は音程・リズムをしっかり覚える方法を紹介しました。

紹介内容を以下にまとめますので、是非実践して頂ければ幸いです。

本記事のまとめ

  1. 音程やリズムが合わない大きな要因は、曲を記憶出来ていないから!
  2. 音程やリズムの覚え方は、『とにかく何度も聴く』『歌詞を見ながら聴く』『口ずさむ』
  3. カラオケで実践する場合はガイドバーを表示させ、正誤を判断する。音量は音楽もマイクも聞こえる適正値に設定する。

歌う事が苦手な方はどのように歌うか(アウトプット)に焦点を当てすぎて、音程やリズムを覚えられていない場合があります。

もちろんアウトプット出来るかは大切ですが、その前に上手く歌いたい曲の音程やリズムを記憶する事を優先しましょう。

コメント

  1. […] 上手く歌いたいなら押さえておきたい3つのポイント【その1】 […]

  2. […] 上手く歌いたいなら押さえておきたい3つのポイント【その1】 […]

  3. […] 上手く歌いたいなら押さえておきたい3つのポイント【その1】 […]

  4. […] インプットについては 上手く歌いたいなら押さえておきたい3つのポイント【その1】を参考にして下さい。 アウトプットについては […]

  5. […] インプットについては 上手く歌いたいなら押さえておきたい3つのポイント【その1】を参考にして下さい。 […]